法人営業用語集

法人営業用語集

営業マンが知っておきたい!
法人営業で使われる用語集

 
ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行

法人営業を行ううえで、あるいは、ビジネスシーンでは様々な専門用語が使用されています。そこで、このページでは法人営業で知っておきたい営業用語やビジネス用語をアイウエオ順にまとめました。営業用語ビジネス用語でわからないものがあれば、本ページを参照してください。

ア行  カ行  サ行  タ行  ナ行  ハ行  マ行  ヤ行  ラ行  ワ行




ア行|ではじまる法人営業用語集

アイスブレイク

商談の緊張感を解いて場の雰囲気を和ませるために用いるコミュニケーション手法。

相見積もり(あいみつもり)

競合他社に同内容で見積りをとり、商品・サービス内容及び価格・料金を比較すること。アイミツ。

アウトソーシング

外部業者に委託すること。「外注」ともいう。

アウトバウンド

売り手からのアクションによっえアポイントを獲得したり、セールスを仕掛ける営業活動のこと。

アプローチ

セールスの導入部分。つかみ。営業活動におけるファーストコンタクトのこと。

アプローチブック

アプローチのときに用いるお客様の興味・関心を引き出すために使う営業資料のこと。

アポイント

面会や商談などの約束や予約のこと。「アポイント」「アポ」ともいう。

アライアンス

企業同士や企業と個人の間の業務提携のこと。

粗利益

売上から売上原価を除いた金額。会計上は「売上総利益」と呼ばれる。

イニシャル・コスト

新規事業や設備投資などをしたとき稼働するまでに必要となる費用のこと。

インセンティブ

人の意欲を引き出すための誘因。販売目標を達成した者に支給する報奨金のこと。

インバウンド

買い手からのアクションによってアポイントを獲得したり、セールスを仕掛ける営業活動のこと。

応酬話法

お客様の質問や反応に応答するセールストーク。断り文句に切り替えしていく話法。

エビデンス

証拠・根拠・証言のこと。営業ではお客様の「説得材料」という意味でで使われることもある。