返報性の原理(法則)

 営業力を強化する心理テクニック#4 

返報性の原理(法則)

人には他人から何らかの行為を受けると、そのお返しをしなければならないという心理が働きます。これを「返報性の原理(法則)」といいます。『影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか』という社会心理学の名著の中で一躍メジャーになった心理法則です。

返報性の原理(法則)は至るところで目にできます。スーパーの試食。通信販売の無料サンプル。何を隠そう、今ご覧になっているこのページも返報性の原理(法則)を期待してのものです。このページが参考になったら次は無料書籍もダウンロードしてくれるかもしれない。そうすればメルマガ読者になってくれて、いつかは商品・サービスを購入してくれるかもしれない。そんな期待があるからです。

実は、世界規模で返報性の原理(法則)を展開し大成功を収めている企業があります。それがGoogleです。Googleの基本精神は「Value first,money later.(価値が先、利益は後)」です。実際、Googleは「Google検索」にはじまり、「YouTube」「Gmail」「Google Map」などあらゆるサービスを無料で提供しており、今では我々の生活にとって欠かせないインフラになりつつあります。

人は社会的な生き物です。返報性の原理(法則)はその社会を円滑に運営するために自然と生み出された「人類の知恵」といえます。その意味では返報性の原理(法則)とは人の根源的な心理法則です。

これをセールスに採り入れれば強力な武器になります。以下の2つのポイントを踏まえて、この心理テクニックをぜひマスターしてください。そうすれば見込客から“売上”という見返りが必ず返って来ます。

  1. 与えるものは「無償」にする
  2. 無償でも期待を超える「価値」を提供する

  営業力を強化する心理テクニック#5